【四柱推命】空亡(天中殺)は不吉?本当の意味と解釈の仕方

寅さん

わい、今年は「空亡」だって。どうしたらええんや!
去年は「天中殺」言われたし。最悪や。

丑くん

安心して寅さん。
占いを正しく学べば怖いものなんてないんだよ。

皆さんは、「空亡(くうぼう)」って聞いた事ありますか?
日本では「天中殺(てんちゅうさつ)」の方が有名かもしれませんが。

この「空亡」、「空(むな)しく、亡(ほろ)ぶ」と書くんで、字面も良くないですね。「天中殺」同様、不吉なイメージです。

実際のところはどうなんでしょうか?

「空亡・天中殺」はじめに

まずはじめに。結論から述べさせて頂きます。

「空亡」も「天中殺」も同じです。字面が違うだけです。
(学術的に理論が違う!という方もいるでしょうけど)

四柱推命では「空亡」、算命学では「天中殺」とか言ったりするだけです。

天中殺という言葉は、昔「天中殺入門」という本がベストセラーになったせいで空亡よりもポピュラーかもしれません。

この「空亡」ですが、四柱推命にあっては「あって無きがごとし」というのが実態です。

つまり取るに足らない理論だという事です。

しかし算命学の「天中殺」や、一時期流行った「大殺界」なんてのも、四柱推命の「空亡」がネタになっているという事情がありまして「なんか、不吉・・・」というイメージがつきまとっています。

色々なネタに使われた「空亡」理論とはどんなものでしょう?

空亡とは

空亡の理論(仕組み)

空亡でも天中殺でも、理論は下記のとおりです。

誰にでも、12年に2年ずつ、12ヵ月に2ヵ月ずつ、12日に2日間ずつだけ・・・天が味方をしてくれない不吉な期間、すなわち「空亡」が訪れます。

ナゼ、そうなるんでしょう?

東洋占術に使用される干支暦カレンダーは、干支で暦が出来上がっています。

丁度この記事を書いている今日「2019年9月20日」は・・・、

2019年は「己亥」
9月は「癸酉」
20日は「庚申」
「己亥年・癸酉月・庚申日」というわけです。

干支は「十干」と「十二支」の組み合わせで出来てます。

2019年は「己+亥」
9月は「癸+酉」
20日は「庚+申」

さて。
十干は10個あって、十二支は12個あります。

 十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)
 十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)

十干と十二支なんで、組み合わせるとどうしても2つ余ります。
ペアになれない十二支が出てきます。当然ですが。

この2つ余った十二支を「空亡」といって忌み嫌うわけです。

空亡の理論(意味付け)

ペアになれなかった十二支は「天が見方してくれない」だの、「十二支が孤立する」だの、一見もっともらしい理論が展開され・・・。

この「空亡(天中殺)期間」は、

転職(転勤)、住宅取得、引っ越しをしてはいけない。
また、大金を使ったり、新しく事を興したりしてはいけない。

とされ・・・
更に、

神社参拝やら、墓参り(祖先崇拝)をして、身辺を整理整頓して、開運グッズ等を利用しながら、静かにひっそりと過ごす必要が・・・

・・・あるんですって!(-_-)
おまけに、

空亡(天中殺)の期間、転職したり大金を使ったりすると・・・事故に遭ったり、体調を崩したり・・・するそうですよ。

空亡の理論 あなたはどのパターン?

不気味な空亡ですが、さらに「仕組み」をみていきましょう。

もう一度、下記の組み合わせから出来た「空亡」を見てください。


この例、「甲」と「子」から組み合わせた場合ですと、が余っちゃったので「戌亥空亡」というパターンになります。

組み合わせによって「余る」パターンが全部で6つあります。

パターン1「戌亥空亡」
 甲+子から組み合わせて「戌亥」が余る

パターン2「申酉空亡」
 甲+戌から組み合わせて「申酉」が余る

パターン3「午未空亡」
 甲+申から組み合わせて「子未」が余る

パターン4「辰巳空亡」
 甲+午から組み合わせて「辰巳」が余る

パターン5「寅卯空亡」
 甲+辰から組み合わせて「寅卯」が余る

パターン6「子丑空亡」
 甲+寅から組み合わせて「子丑」が余る


生年月日によって、この6つのパターンのどれかにぶつかります。
具体的には日柱干支によって決まります。

例えば、筆者は日柱が「壬戌」です。
壬戌だと「子丑空亡」のパターンになります。

甲+寅から組み合わせるパターンに、「壬戌」のペアが出来るので、余りは「子丑」なわけです。「子丑空亡」ですね。

十干と十二支をズラして割り出すんですが、慣れてくると頭で計算して割り出せるようになります。(割り出す必要は全然ありませんが

冷静に空亡を考える(実証)

この空亡(天中殺)は、

12年に2年巡ってくる「年単位」の空亡、
1年に2ヵ月巡ってくる「月単位」の空亡、
12日に2日巡ってくる「日単位」の空亡とあるわけです。

例えば、私(筆者)の場合は「子丑空亡」パターンです。

「子・丑」とつく年、月、日が空亡(天中殺)になります。

ちょっと興味深いですね。

過去、2019年1月はどうだったんでしょう?
カレンダーで示すとこんな感じです。

が、「空亡(天中殺)」です。
規則正しく12日に2日巡ってきますね(笑)。

私(筆者)は毎日、日記をつけているので運勢の検証が出来るんですが、・・・空亡の日に不吉な出来事は・・・なにひとつ無いですよ。

空亡・2019年1月16日(水)の、

”横綱・稀勢の里引退、残念(+_+)”

・・・これくらいでしょうか(笑)。
まあ、稀勢の里の引退は、私の空亡とは何の関係もありませんが。

面白いので去年2018年も検証してみましょうか。
去年2018年の子日と丑日は・・・。

1月の子丑空亡  3日、4日、15日、16日、27日、28日
2月の子丑空亡  8日、9日、20日、21日
3月の子丑空亡  4日、5日、16日、17日、28日、29日
4月の子丑空亡  9日、10日、21日、22日
5月の子丑空亡  3日、4日、15日、16日、27日、28日
6月の子丑空亡  8日、9日、20日、21日
7月の子丑空亡  2日、3日、14日、15日、26日、27日
8月の子丑空亡  7日、8日、19日、20日、31日
9月の子丑空亡  1日、12日、13日、24日、25日
10月の子丑空亡  6日、7日、18日、19日、30日、31日
11月の子丑空亡  11日、12日、23日、24日
12月の子丑空亡  5日、6日、17日、18日、29日、30日

もうこの時点で占い注意報なんですが(笑)

仕方ないんで、去年2018年の、空亡の日の日記を読んでいるんですが・・・もう、全然当たりません。

日単位でこれですからね。
月、年と考えていたら、人生は大体、空亡で不吉じゃないですか!

皆さん忙しいと思いますんで、こんなに規則正しく空亡につきあってるわけにいかないでしょう(-_-)

空亡の結論(解釈次第)

四柱推命の拠り所となる干支暦は、十干と十二支の組み合わせで出来ているのですから、十二支が2個余るのは当たり前です。

十干を「天」とし、十二支を「地」と考え、ペアになれなかった十二支を「天の助け無し」と解釈するのは面白いんですが、害悪以外の何物でもありません。

まさに空亡は「あって無きがごとし」という態度で、四柱推命に挑むのが正しいと思います。

ただ、空亡(天中殺)でも、凶方位でも、大殺界でも霊でも何でもそうですが、あると信じている人にはあるんです。これが。

この世のすべては解釈ですから。

有名な故事「万事、塞翁が馬(サイオウがウマ)」にもあるように、人の幸・不幸はその人その人の解釈なんです。

ですから、ちょっとした不幸を、空亡(天中殺)に結び付けようと思えばいくらでも出来ます。

ニュースや週刊誌を見れば分かる通り、人間はネガティブな事に反応するように出来ていますから。

空亡だ、天中殺だ、大殺界だ!と、すぐ反応するのも人間のサガかもしれません。
ただ、占い師にとってはカモがネギ背負ってくるようなものですよ、そういう人間は。

ちなみに一時期メディアを騒がせた細木数子氏は「空亡」を拠り所に、六星占術における○○星人というのを創出しました。

子丑空亡は水星人
寅卯空亡は木星人
辰巳空亡は天王星人
午未空亡は火星人
申酉空亡は金星人
戌亥空亡は土星人

個人的にはどうでもいい「空亡」ですが、それをネタに世に出る人もいるわけで・・・頭が下がります(+_+)

まとめ

ポイント1 
空亡・天中殺、大殺界、どれも同じような意味。

ポイント2 
干支暦は10干と12支の組み合わせなので、2個余るのは当たり前。

ポイント3
2個余った空亡をどう解釈するかは個々の自由です。
取るに足らない、とスルーしても良いです。
なにか悪い事が起こるに違いない、と怖がるのも勝手です。
空亡をゼロ、リセットと捉え、この機会に断捨離やら身辺整理してリセットしても良いです。

寅さん

占いはイジワルばっかりやね。
六曜の「仏滅」で怖がっていた時を思い出すわん!

丑くん

六曜は,室町時代に中国から伝わった暦注なんだけど,当時「仏滅」は、「空亡」と呼ばれていたそうだよ。

寅さん

なんやと・・・!

“1”へのコメント

  1. 空亡グループ6種類は、60干支の順番に合わせて順序を決めるべきです。
    甲子が1番目に来るわけですから、戌亥空亡グループを1番目に配置してください。
    また戌亥空亡グループはカリスマ性があり、他のグループとは一線を画す傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です