【四柱推命】五行「相生・相剋」の本質をわかりやすく解説

寅さん

四柱推命を勉強してるんやけど、命式みてるとこんがらがってパニックになってくるんよね。

丑くん

五行の性質とハタラキが頭に入ってないからだね。

命式(四柱推命)を読み解くうえで、一番重要になってくるのが「五行」の解釈です。

五行とはそもそも何でしょうか?

そして、五行の関係性で最も重要な「相生」「相剋」を、どう考えたら効果的をみていきたいと思います。

五行(木火土金水)の本質とはナニか?

五行思想、または五行説は、古代中国で生まれた自然哲学です。この世のすべては「木・火・土・金・水」の5種類の元素からなる、という説です。

そういうわけで四柱推命・東洋占術では、ありとあらゆるものを「木火土金水」に変換しちゃうんですが・・・。

気を付けなくちゃいけないのは「木火土金水」はあくまでメタファー(比喩)だということです。

「火」だからと言って、実際にメラメラ燃えるわけじゃありません。

あくまで例えです。

自然界に流れる「気(エネルギー)」の性質を、「曲直」「炎上」「稼穡」「縦革」「潤下」と捉えて、「木」「火」「土」「金」「水」と例えているわけです。

生命はこの自然界に流れる「気(エネルギー)」の中で、産声をあげるわけです。その産声をあげた時点での「気(エネルギー)」の形が、あなたの「命式」なんです。

その時のエネルギーの形を、五行に置き換えて読み解くのが「四柱推命」です。

それにしても、自然界の五つのエネルギーを、「木・火・土・金・水」に例えたのは素晴らしいアイディアだと思います。

「木火土金水」という実際の物質に例える事で、次に述べる「相生(そうせい)・相剋(そうこく)」の解釈が、ぐんと容易になるからです。

四柱推命のキモとなる「命式」は、「相生(そうせい)・相剋(そうこく)」が完璧に頭に入っていないと絶対に読み解く事ができません。

「相生(そうせい)」

相生の関係は、エネルギーを与えて、与えられた相手はパワーアップする、プラスの関係です。

四柱推命では、エネルギーを与えた方が「生(しょう)ずる」と言ったり、パワーアップした方は「生じられる」などと表現します。

「木→火→土→金→水→(木)」と、五行の円環の部分を「木」からぐるっと眺めてみて下さい。

「木」は「火」を生じ、エネルギーを与えます。
「火」は生じられてパワーアップします。火が木材によってメラメラと炎となって勢いを増すイメージですね。

同様に「火」は「土」を生じます。
火が燃えて灰となり、灰は土の養分となっていくイメージです。

「土」は「金」を生じます。
金(鉱物)は、土の中から生まれますから。土のエネルギーで鉱物が育っているとイメージしてください。

「金」は「水」を生じます。
金属の冷たい表面にポタポタと水滴が生じるイメージで。

「水」は「木」を生じます。
植物が水によってぐんぐん育っていくイメージで。

 

どうでしょうか。
相性の関係はわりとイメージしやすいと思います。

ド忘れしたら「もっかどきんすい(木火土金水)」と頭で唱えれば、すぐに相生の流れを思い出せます。私も占いの現場でいつもやってます(笑)。

ちなみにエネルギーを与えた方の五行はパワーがチョっと弱まります。

例えば、木は火にエネルギーを与えるんですが、この時、「木」のエネルギーは力を与えて少し弱まります。

パワーアップとパワーダウン、同時にイメージしてください。

「相剋(そうこく)」

相剋の関係は、相手を傷つけ、傷つけられた相手はパワーダウンする、マイナスの関係です。

四柱推命では、傷つける事を「尅(こく)す」と表現します。傷つけられる事を「尅(こく)された」なんて言ったりしますね。


「木→土→水→火→金→(木)」と、木から星形に五行を眺めてみてください。

「木」は「土」を尅して、「土」のエネルギーを弱めます。
木が根を地中に張って、土の養分を吸い取って、土を痩せさせるイメージです。

同様に、「土」は「水」を剋します。
土は水を濁(にご)して、泥にしゃう・・・そんなイメージです。

「水」は「火」を剋します。
水は火を消しちゃいますね。

「火」は「金」を剋します。
火は金属を熔かしちゃいます。

「金」は「木」を剋します。
金で出来た斧や鋸などの金物は、木を傷つけて切り倒します。

 

「相剋」もイメージしやすいと思います。これを思いついた古代中国人は天才ですね。

ちなみに尅した五行もパワーがチョっと弱まります。

例えば、木は土のエネルギーを弱めるんですが、この時、「木」のエネルギーは相手を攻撃する時、、自分も少し弱まります。

尅された方も大変ですが、尅す方も大変なんです。

本当に覚えるべき事はイメージ

専門的には、木が火にエネルギーを与える事を「木生火(もくしょうか)」と言ったり、木が土を尅すことを「木剋土(もっこくど)」と言ったりするわけですけど・・・。

まったく覚える必要ないです(笑)。

やっぱり重要なのは「イメージ」で、からみあう五種類のエネルギーの「増減」が明確に描けるかどうかにかかっています。

「相生」「相剋」は五行の基本ですので、是非おぼえてくださいね。

頭のなかで、円環(相生)と星形(相剋)を順繰りに辿りながらイメージするとよいと思います。

五行に依存するエセ占い師

五行を覚えると、抽象的だった四柱推命も、ぐんと具体的になりますね。

しかし、だからといって五行に依存しては駄目なんです。冒頭に申し上げましたように五行はあくまで比喩です。

よく占い師で「この人は金気が強いからオカネに縁がある」とか、「丙は火の五行で暑い。夏生まれだから更に暑苦しい」とか、あたかも五行を実際の物質のように解釈する人がいます。

占い注意報です。

大変、キケンな解釈です。五行を容易に解釈するとステレオタイプな見方しか出来なくなってしまいます。そういうエセ占い師にひっかからないようにしてください。

まとめ

寅さん

相生は「木→火→土→金→水」、もっかどきんすい。
相剋は「木→土→水→火→金」、もくどすいかきん。
意外とカンタン♪

丑くん

寅さん、重要なのはイメージだからね。
語呂だけ覚えても、すぐパニックになるよ。

寅さん

キビしいんやね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です