【四柱推命】「土用」の意味と役割。迷信?土用の丑の日のウナギ

寅さん

「土曜の丑の日」ってウナギを食べる日や!
夏にウナギを食べて精をつけるわけやね。

丑くん

寅さん、ちょっと待って。
「土曜」じゃなくて「土用」ね。
曜日は全然関係ないから。

それから「土用」って夏だけじゃないんだけど。

 

「土用」っていまでも使われる言葉ですね。
四柱推命や九星気学において「土」は大変特別なエネルギーなんです。

土用、土を用いる、とはどういう事か。四柱推命の現場から報告します。

そもそも「土用」って何?

そもそも「土用」とはなんでしょう?
これは古来中国から伝わる五行説「木火土金水」を、四季にあてはめたものです。
「木火土金水」は下記のように春夏秋冬に当てはめます。

 

 「木」=春
 「火」=夏
 「金」=秋
 「水」=冬
 「土」=立春・立夏・立秋・立冬前の、約18日間

 

五行の中で「土」は特別です。

「土」は春夏秋冬のどこにもあてはめません。

立春の前、立夏の前、立秋の前、立冬の前の約18日間に「土」をあてはめます。

この18日間こそが「土用」です。

四季とはエネルギーが勢いづく事

五行「木火土金水」を「四季」に当てはめる・・・?なんて、色々なサイトにサラッと書いてありますが(笑)、ちょっと意味不明ですよね。
これって一体どう解釈すれば良いのでしょうか?

「木」=春
「火」=夏
「金」=秋
「水」=冬

これは「春夏秋冬」に、それぞれの五行「木火土金水」が、「旺(おう)じる」という意味なんです。

「旺じる」とは、勢いづく、といったニュアンスですね。
エネルギーが増大するといった感じです。

春は五行「木」のエネルギーが旺じる。
夏は五行「火」のエネルギーが旺じる。
秋は五行「金」のエネルギーが旺じる。
冬は五行「水」のエネルギーが旺じる。

ちょっと専門的に言うと、例えば、春とは「木」のエネルギーが旺じる「木旺」の状態なんです。

四季は下記のように各エネルギーが勢いづく「時の流れ」なのです。

 春=「木旺」
 夏=「火旺」
 秋=「金旺」
 冬=「水旺」

そのエネルギーが旺じ始めた頃を、それぞれ「立春・立夏・立秋・立冬」というわけです。

まさにエネルギーが「立つ」わけですね。

「立春・立夏・立秋・立冬」を「四立(しりゅう)」と言います。

最初に述べましたように、この「四立」の18日前が「土用」です。
土用は1年に4回あるわけですね。

なぜ「土を用いる」のか?

土用、「土を用いる」とはどういう事でしょうか。

五行説では「土」が特別な調節機能を持っていると考えます。

例えば「立春」になって、いきなり「木」のエネルギーが勢いづくと、その変化に人体はついていけません。

そこで立春の前に「土(調節)」を用いる、わけですね。
「春夏秋冬」は下記のようなエネルギーの流れとなります。

 

 「土用」→立春「木旺」→「土用」→立夏「火旺」→「土用」→立秋「金旺」→「土用」→立冬「水旺」

 

季節(季節の変わり目)ごとに土用があります。

・・・なぜか日本では、立秋前の「夏」の土用ばっかり、取り沙汰されてますが。

やっぱり同じ季節の変わり目でも、特に夏が一番こたえたんでしょう。「夏バテ」や「暑気中り」なんて昔から言ってたんでしょうね。きっと。

さて。
この五行が「旺じる」という考え方は、四柱推命や占いをやっていくうえで、とても重要な概念です。

夏は調子が良いのに、冬になると体調を崩す人。
その逆の人もいますね。

四柱推命は生命と自然のエネルギーのせめぎあいを読み解く学問です。
ご自身の誕生命式と照らしあわせると大変興味深いですよ。

東洋哲学的な見方としては、まず「土」という何もない状態があり、そこに「木火金水」というエネルギーが、旺じては衰え、一つの季節が終わる・・・。そんなイメージでとらえます。

つまり「土用」という状態はナニも旺じていない状態。「木火土金」のエネルギーがまだ生じいない状態。
「無旺」と言ってもいいかもしれません。

なぜ土用にウナギを食べる?

繰り返しますが「土用」は年に四回あります。

日本でおなじみの「土用の丑の日」の土用は、夏の土用(立秋前の約18日間)をさしています。

その18日間の土用のうち、「丑」の日が、いわゆる「土用の丑の日」です。
2019年はカレンダーによると、7月27日(土)が「乙丑」ですね。


 土用
 立春(2月4日~)

 土用
 立夏(5月6日~)

 土用←(丑の日:7月27日)
 立秋(8月8日~)

 土用
 立冬(11月8日~)

※日付は2019年のものを使用。
土用は毎年違うので「土用の丑の日」も毎年変わります。

なぜウナギを食べる事になったか?といえば、諸説いろいろあります。

江戸時代、平賀源内が「土用の丑の日に鰻を食べると滋養になる」ってキャッチコピーを発案し、ウナギ屋の商売繁盛に一役買った、というのが通説ですね。

そのほかにも色々な説があるんですが四柱推命と関係ないのでここでは割愛します。

ともあれ、土用は季節変わり目だから、鋭気を養って、来るべき季節の変化に備えよう、という考えは共通のようです。

ただ、ウィキペディアでも指摘されてますが、

「栄養価の高いものを食することが当たり前になった現代は、エネルギーやビタミン等の栄養不足が原因で夏バテになることは考えにくく、現代において夏バテ防止のためにうなぎを食べるという行為は医学的根拠に乏しいとされ、効果があまりないとしている」
引用:Wikipedia「土用の丑の日」

とあります。

別にうなぎを食べる必要ないわけですね(笑)

まとめ

土用の丑の日はともかく、土用は「季節の変わり目」というのは事実です。

土用とは、木・火・金・水、どのエネルギーも旺じていない無旺の状態。

「土」は調節の機能を有します。
それが「土用」です。

身体を調節して変化に対応しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です