【真相】仏滅や大安の意味とは?カレンダーの占いに注意!

寅さん

トモダチが結婚式をあげるんだけど。
大安は、式場満員で取れないんだって!

丑くん

仏滅でいいんじゃない。

寅さん

え?そうなん?
丑くんって過激やね・・・。


カレンダーの日にちの下に小さく書いている「仏滅」とか「大安」等の言葉。
これらの本当の意味、分かりますか?

「大安吉日でお日柄が良い」だの、「友引だから、お葬式はダメ」とか聞いた事あると思います。

でも本当に大安は吉日なんでしょうか。
本当にこれらを気にする必要があるんでしょうか。

知っているようで知らない「六曜」

仏滅とか大安とかを、俗に「六曜(ろくよう)」と言います。

六曜というくらいなので、6種類あります。

・先勝(せんしょう)
・友引(ともびき)
・先負(せんぷ)
・仏滅(ぶつめつ)
・大安(たいあん)
・赤口(しゃっこう)

六曜は、暦注(れきちゅう)の一つです。

暦注は、日付に対する「運勢」の注意書き、注釈です。
六曜にも下記のように「運勢」の吉凶があります。

・先勝(せんしょう)・・・午前は吉。
・友引(ともびき)・・・朝晩は吉、昼は凶。
・先負(せんぷ)・・・午前は凶。午後は吉。
・仏滅(ぶつめつ)・・・大凶日。
・大安(たいあん)・・・大吉日。
・赤口(しゃっこう)・・・正午前後は吉。それ以外は凶。

友引は引き出物を発送するのに適しているだの、先負は争いごとをしてはいけないだの、よくある民間伝承についてはウィキペディアでもご覧ください。

カレンダーの「暦注」は、六曜のほかにもたくさんあります(ありました)。

「冬至」だの「春分」とかの二十四節気も暦注です。
「五黄土星」だの「九紫火星」とかの九星も暦注です。
まあ、「月火水木金土日」も暦注といえば暦注でしょう。

江戸時代のカレンダーは占い?

昔はカレンダーに「暦注」が、たくさんあったんです。

江戸時代のカレンダーをみてください。

陰陽五行説、十干十二支、日付・曜日、二十四節気、七十二候、十二直、二十八宿、九星、暦注のオンパレードです。

これはもう完全な「占い」です。

暦注をみて、方角の吉凶やら、行事の日付やら、今日の運勢を判断していたわけです。
日本人は昔っから、占いが大好きだったんですね。

いや今の人よりも、ずっと占いに頼っていたはずです。
コンピュータもテレビもないわけですから。
リアルタイムに取れる情報と言えば、カレンダーの暦注くらいだったのかもしれません。

そして暦注には、「陰陽五行」や「十干十二支」などの横綱級の情報が書き込まれているわけです。

五行や十干に比べたら「六曜」なんて、暦注の中では幕下でしょうね。
この当時、誰も六曜を気にしていなかったはずです。

見逃された「六曜」

江戸のころから続いてきた「占いカレンダー」に終焉が訪れたのは、明治になってからです。
江戸は東京となり、文明開化を急ぐ日本。

西洋文化華やかなりし明治5年。

明治政府は太陽暦を取り入れました。

それまで日本は太陰太陽暦を使用していました。
月の周期を基にしているので1か月は、29日くらい。
太陽の動きも取り入れて3年に1回、1年を13か月にしたりして調整していました。

「科学的じゃない」と政府は、太陰太陽暦を廃し、太陽暦を取り入れたわけです。

そして、・・・その時歴史は動いたのです。

太陽暦へ改暦されるにあたり、「吉凶付きの暦注は迷信である!科学的じゃない」として、政府は吉凶に関する暦注の一切を禁止しました。
尋常小学校の教科書にも「迷信を信じるな」と記載されたほどです。

・・・。

しかし政府の思いとは裏腹に、庶民は納得しませんでした。
なんてったって占い大好きですから。
陰陽五行、十干十二支、九星に頼って生きてきたわけですから。

さらに困るのはカレンダー業者です。
カレンダーがさっぱり売れなくなってしまった。

政府に文句を言うも、西洋化を推し進める政府も引かない。
非科学的で怪しげな陰陽五行、十干十二支、九星などは絶対使わせない。使ってほしくない。

そこでカレンダー業者が取った秘策の手が「六曜」です。

陰陽五行、十干十二支、九星は相撲で言ったら横綱、大関クラス。こいつらは必ず却下される。

でも六曜ならば、政府も見逃すのではないか・・・?

・・・。

果たしてその通り、六曜は見逃されました。

政府も

「六曜?あれは占いとは言えない。取るに足らないものだ」

というわけです。

にわかに脚光を浴びる「六曜」。
庶民も納得。カレンダーも売行き上々。政府もスルーで、三方よし。


そして六曜の影響は現代にまで生きているのです。

・先勝(せんしょう)
・友引(ともびき)
・先負(せんぷ)
・仏滅(ぶつめつ)
・大安(たいあん)
・赤口(しゃっこう)

しかし。

逆のことを言えば、それだけ見向きもされなかったシロモノ、という事です。

本当に気にする必要あるんでしょうか・・・これ。

関連記事:空亡(天中殺)は不吉?

まとめ

寅さん

六曜、ぜんぜんダメやないか!

仏滅でいいんじゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です